銀行系カードローンは低金利で利用できる

メインビジュアル

カードローンには総量規制という決まりが定められており、一度に借り入れが可能な金額は、年収の三分の一が上限となっています。
総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジットカード系のカードローンに適用される規制であり、貸金業法の管轄になります。

総量規制には様々な例外がありますが、銀行法で定められている銀行のカードローンは、総量規制の中には入りません。銀行からの融資によるカードローンであれば、似たようなものであっても、総量規制を求める時に加えられることはありません。

他のカードローンと比べた場合、銀行系カードローンならではの特色が存在しています。銀行系カードローンは、他のカードローンと比較して低金利であるという事は一番の特徴です。銀行系カードローンは、消費者金融系カードローンよりもぐっと低い金利で、希望のお金を借りることができます。

また、やはり銀行が融資を取り扱っているという事で、安心感が強いと言えます。金利や、貸付金、知名度など、銀行系カードローンは利点がいくつもありますが、その反面、審査の結果が出るまで時間がかかり、審査自体のハードルも高いという注意点があります。低い金利で融資を受けられるのは、厳しい審査でバランスをとっているからだといえるでしょう。

中には、銀行系カードローンには断られたという方もいるようです。今までキャッシングのトラブルを起こしたことがなく、現時点で他社からの融資を受けていない人で、かつ毎月の収入が一定であれば、スムーズに審査をクリアできることでしょう。

他社のカードローンにより借り入れがある人も、審査に通る場合もあるので、まずは銀行系のカードローンを優先して検討することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる