自己破産をしていても融資の審査は通るのか

メインビジュアル

少なからずの人が、自己破産の経験がある状態で、金融会社に融資の申込みをしても、断られるのではないかと考えています。実際問題として、自己破産をしたらいわゆるブラックリストに載せられて、融資を受けられないと諦めている方もいるでしょう。

実のところ、自己破産をしたことはあっても、新しく融資を受けることができたという方は結構たくさんいます。

自己破産をしている人でも条件を満たせば、融資を受けて、お金を借りることは可能なのです。融資の申込みをする前に、一度、自分の信用情報を照会してみるといいでしょう。

最後に自己破産をしてから5年以上が経過しているかどうかを知ることで、新規の融資が可能になるか知ることができます。過去に自己破産をしたことがあっても、5年以上経っているなら、記録には書かれていません。

自己破産などで債務整理をした場合は、この情報が消えるまでは融資してもらえる可能性は厳しいと言わざるを得ません。自己破産によって貸し倒れを起こした金融機関を再度利用することは、諦めるべきでしょう。過去にお金を借りたことのある金融業者は難しいと考えられるので、それ以外の業者を選ぶ必要があります。

過去に自己破産をしたことがある人でも、俗に金融ブラックと呼ばれている状態から脱すれば、信用情報の記録もなくなりますので、新規の融資を探しやすくなります。

キャッシング会社は、自己破産してから5年の間は信用情報が回復していないとして新規の融資を行いませんが、5年たって問題が発生していないなら、ローンを新しく組むことなどは問題なく実行できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる