住宅ローンの借り換えに適した時期とは

メインビジュアル

多くの人が、家を買う時には、住宅ローンの融資を受けているようです。

住宅ローンとは、大口の融資を受けて、何十年もかけて返済を続けていくという、規模の大きなローンになります。現在利用している住宅ローンよりも、ずっと金利の低いローンに借り換えをして、返済をやりやすくするという方法があります。

現在組んでいる住宅ローンよりもお得なローン商品が見つかったら、借り換えを実施するという方法もあります。お得な借り換えをするためには、金利が低いところでなくてはいけません。

住宅ローンの借り換えという言い回しを使っていますが、要はは新しく住宅ローン融資を受け、借りたお金で今のローンを完済します。住宅ローンを借り直すことで、保証料、印紙代金、抵当権を設定するための経費がまた一からかかるということを考慮に入れて計算する必要があります。新規の住宅ローンを借りる手続きをしつつ、現在の住宅ローンを繰り上げ返済も並行して行わなければいけません。様々な手続きを考えると思った以上の労苦かもしれませんが、低金利の住宅ローンの借り換えはそうするだけの意味があります。

ローンの残りが1千万円以上ある場合や、完済までに長い期間が残っている場合は、住宅ローンの借り換えすることによるメリットがより大きくなります。

もしも住宅ローンの借り換えを考えているなら、結果的に自分が得をできるかをよく計算した上で決断することです。金利が下がる傾向にある昨今では、住宅ローンの見直しをすることは、結果的に得になりやすいといいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる