ブラックリストが及ぼす融資への影響

メインビジュアル

ブラックリストに入った人は、融資にどんな影響があるのでしょう。

前提として、ブラックリストに名前が入る状態になったとしても、クレジットカードの使用などに支障はありません。支払いに問題が生じている時などは、影響があります。ブラックリストに名前が入っていても、クレジットカードの支払いを守って利用している限りは、使用中止などの措置はまずとられません。返済途中の融資を、急に全額支払うように要求されるということもありません。

親族にトラブルが起きたり、就職や資格を取り消されるということもありません。新規の融資については、ブラックリストに名前があると諦めざるをえません。ブラックリストに名前がある人は、クレジットカードを新しく発行してはもらえません。

ブラックリストに入っていると、金融機関の審査に通りません。そのため、新しい融資なとが使えないことになります。また、まれな例ではありますが、クレジットカードでの家賃支払いを基本としている賃貸住宅の場合は、新規の入居にクレジットカードの審査があるため、入居が認められないことがあります。今まで使っていた融資やカードは、ブラックリストに入っても、問題なく使えます。

自動車や住宅を新しく購入したくて、ローンを組もうとしても、新規のローンはブラックリストに入っている人は使えないため、面倒なことになります。ブラックリストに名前が載ることがないように、借りたお金はきちんと返すようにすることが大事です。返済が行き詰まりそうだと思ったら、融資を受けずに他の方法での状況打破を考えましょう。

ローンを組む時や、キャッシングの利用時は、後々融資に困らないよう、ブラックリストに載らないよう心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる