クレジットカードの審査基準

OGP

この頃は多くの人がクレジットカードを持っています。クレジットカードは、審査は避けて通れません。

審査に通らなければクレジットカードを手に入れることはできません。それぞれのクレジットカード会社は、入会審査の判断基準として3Cと呼ばれるものを取り入れています。

審査に使われる3Cとは、どんな内容なのでしょう。クレジットカードやローンの審査では、医師や弁護士など社会的な地位が高い人が評価がよいといいます。一部株式に上場している会社での勤続年数が長い人、身分の安定している公務員などで、持ち家があり、年収も高い人であれば、審査の結果はよいものになるでしょう。

月々の収入が安定しない人、収入額自体が少ない人は審査には不利になります。具体的にはアルバイトや季節労働者、肉体労働、キャバレーなどの接客業です。クレジットカード会社はやみくもに職業差別をして審査をしているのではなく、申込者の信用力を判断する仕組みを元に審査をしているのです。

3Cの1つめはCapacityと呼ばれ、資力を意味します。継続して返済することのできる一定の収入があるかどうかという返済能力をみるものです。Characterが3Cのうちの二つ目のCです。

金銭面に対しての考え方や、借りたお金をきちんと返す心積もりがある人であるかというものです。3Cのうち、三つめは資産、キャピタルです。

不動産や貯蓄、自家用車など、資金を多く持っている人ほど返済力があると見なされます。基準は会社毎に違いますが、おおよそクレジットカードの審査ではこれらが重視されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる