キャッシングの多重債務を予防する

OGP

多重債務になる心配がない人は、キャッシングをしていない人だけです。多重債務には絶対になりたくないと思うなら、融資を受けないことが確実です。

返せるあてのある金額の範囲内での融資が重要です。もしも今融資を受けて、来月から返済が始まった場合、現在の収入の範囲内で無理のない返済が可能でしょうか。何らかの理由で、今すぐお金を準備しなければならない場合もあります。

キャッシングを使うこと自体は問題はありませんが、基礎的なキャッシングの知識や返済の仕方などを把握した上でお金を借りるといいでしょう。金利や返済金や延滞料について知ることが、キャッシングで多重債務にならないためのコツです。

最終的に幾ら返すのか、金利はどれだけついているのか、そういう部分を把握することがまず端緒です。貸金業規制法が改正されたことから、現在のキャッシングにかかる金利は18%を越えてはいけないことになっていますが、それ以前に借りた人は例外です。

貸し付け条件時の金利が高かったという方は、利息の増え方も相当なものになっているはずです。

少しずつコツコツと返していても、増える利息が大きければ効率が悪いばかりです。多重債務の予防策として、まずは上限金利の低いキャッシングに借り換えることをおすすめします。

のっぴきならない事態になる前に、現在の借入金額と返済状況を把握し、確実に返済できるような状態を構築することが、多重債務の予防につながります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる