キャッシングとカードローンの意味と違いについて

OGP

最近は、キャッシングローンと、カードローンはの意味が同じものになっていて、差がなくなっています。

カードローンは銀行から借りることの融資を指し、キャッシングは消費者金融会社からの融資として分けることもあります。月々の生活費が今月は少し足りないとか、ほしい物があるけれどお金が足りないといった時には、お金を借りてその場をしのぐ方法があります。

消費者金融会社や、銀行には、お金を貸し、利息をつけて返済をしてもらうというサービスがあります。本人確認と収入証明の書類を持参し、金融機関の店頭で用紙に必要事項を記入して申し込むことができます。最近は、ネットからの申し込み手続きも便利にできるようになっており、証明書類は写真画像にして送信するというやり方も使われています。

多くの人がインターネット環境に親しむようになって、ネットを用いたキャッシングサービスが隆盛を誇っていますが、かつては、キャッシングとは全く違うものでした。かつては、借りたお金を次の月に全額返済するものだけをキャッシングと呼びました。キャッシングも分割返済ができるようになり、カードローンと変わりなくなりました。

キャッシングでお金を借りた場合には、翌月に全額返済しなければならないというわけではありません。月幾らの返済にするかを確認してからお金を借りることができ、返済が大変な時は少なくすることも可能になります。

キャッシングとカードローンは意味合いが多少異なりますが、どちらもお金を借りることに違いはありません。完済までの見通しをきちんと見極めた上で、カードローンやキャッシングを無理なく利用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる